すべての教育は「洗脳」である

ホリエモンのすべての教育は「洗脳」であるを読んだ。

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

  • 作者: 堀江貴文
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/03/16
  • メディア: 新書



ホリエモンの本は初めて買って読んだ。

それまでは、本屋で立ち読み程度で、その時の印象は、ホリエモンって凡人の100歩先行ってるの?、って思ったし、


病院で注意されて初めてヤバイ、気をつけようって思ったことが、ホリエモンの本には普通に書いてあるから、本当にすごいと思う。


知識と思考力が半端ない。


タイトルに惹かれて、気になったから買ってみた。


読んだ感想は、なるほどって思った←軽いw


学校はいらないって確かに、学ぶっていう観点からだと不要かもしれない。


塾に憧れて、小中って塾通ったけど、塾に行ってる自分に酔ってたし←、だから、大して成績よくなかったし、

高校入ってから、塾なんて不要、結局自分が勉強するかしないかだよねっていうのはすごい痛感した。

でも、学校なかったら何して過ごすの‥?とも思う。


本書だと、何かに没頭する必要があるから学校には部活をしに行けばいいのかな←